じんあい 社会福祉法人 仁愛会
tab
社会福祉法人 仁愛会
〒972-0161
いわき市遠野町上遠野字沢繋16番地の17
TEL.0246(89)3288
FAX.0246(89)3337
仁愛会 法人からのお知らせ 仁愛会定期発行誌
じんあい
「じんあい」
後援会だより
「後援会だより」
公益財団法人JKA 平成30年度競輪公益資金による福祉機器整備補助事業の公表について
 特別養護老人ホーム高砂荘の「シャワー式特殊入浴装置」整備にあたり、公益財団法人JKA様の競輪公益資金による助成を受け、以下の通り補助事業が完了いたしました。入浴時の安全性快適性が格段に向上し、入居者の満足度アップ並びに職員の負担軽減、業務省力化を果たすことができました。公益財団法人JKA様に対し、心より御礼申し上げます。

補助事業名 : 平成30年度 福祉機器の整備 補助事業
補助事業者名 : 社会福祉法人仁愛会

1.補助事業の概要
(1)事業の目的
 
既存のシャワー式特殊入浴装置は、導入から12年が経過しており製造メーカーから今後の修理対応(部品調達等)が困難となる旨通知を受けました。入浴時の入居者の安心・安全が向上すること。入浴サービスにあたる介護職員の身体的・精神的負担が軽減されることを念頭に新機種導入の検討を行いました。
 本補助事業は、最新のシャワー式特殊入浴装置を導入することにより、施設入居者への入浴サービスが安全且つ継続的に提供することができる環境整備を推進することを目的として実施しました。
(2)実施内容
シャワーベット本体(JS-B350NS)
シャワーベット専用トロリー(JS-B3005A)
福祉機器名
 シャワー式特殊入浴装置 一式
 パラマウントベット株式会社製 JS-B350NS JS-B3005A
総事業費
  ¥ 6,480,00
助成額
  ¥ 4,237,000
 この度導入したシャワーベット(シャワー式特殊入浴装置)は、対象入居者が仰臥位で入浴します。本体内部は上下左右にシャワーノズルがあり、全身に温湯が行き渡る設計となっているため高い保温効果が得られます。湯温調節は自動化され、32℃から44℃の範囲で調節可能。冷水・熱湯の噴出を抑制します。
 また、ボディソープ用のタンクが内蔵されており、シャワーノズルから出る湯温に混合されるため、対象入居者の身体を露出することなく洗身介助ができます。加えて、塩素系消毒液用のタンクも内蔵され、次の入居者が入浴する前にシャワーベット内を消毒・洗浄する機能があります。
 これらの装備により、衛生面の配慮をしながら対象入居者のプライバシーを確保しつつ、安全に安心して快適に入浴することができるようになりました。
 一方、専用トロリーの寝台は電動で高さ調節ができ、ベット・車椅子等のシート高さに調節することが可能となりました。対象入居者の安全性、安心感を得ることと同時に、介護職員の身体的・精神的ストレスを和らげます。
 寝台部分は堅い樹脂製ではなく防水性に優れたメッシュネット製であり、対象入居者の体重により適度に沈み込む設計です。これにより転落防止柵を取り付けることなく、仰臥位のままでも背中に湯温が当たるため保温効果が高まります。
 この装置を実際に使って入浴された入居者、装置を操作しながら入浴介助にあたる介護職員からも好評であり、導入初日からその効果を実感しております。
施設正面玄関1
施設正面玄関2
2.予想される事業実施効果
 本補助事業により導入したシャワーベット(シャワー式特殊入浴装置)は、対象入居者の安全性・快適性もさることながら、職員の腰痛防止や介助業務展開中の心理的ストレスの軽減等の効果が期待されます。
 抱え上げない介助(ベット⇔車椅子、トイレ⇔車椅子等の移乗介助時に入居者を抱え上げずに移乗する介助)の推進につながり、結果的に職員の腰痛を軽減することに取組むきっかけに成り得ます。
 また、入浴介助を行う最中の介護職員の心理状態(怪我をさせてしまうかもしれない。事故が起きてしまったらどうしよう。等)を和らげることにより、心に余裕をもって業務遂行できる効果が期待できます。
 これらの効果は、介護職員のモチベーションを引き出し、一人ひとりが自信と誇りを以て仕事に臨むことができる職場環境の整備にもつながると確信しております。
3.印刷物等 本事業に係わる印刷物等 (http://jin-ai-kai.jp/kanren/oshirase/)
平成30年12月、季刊紙「じんあい」に掲載予定
4.事業内容についての問い合わせ先
団体名 : 社会福祉法人仁愛会
住所 : 〒972-0161 福島県いわき市遠野町上遠野字沢繋16-17
代表者 理事長 : 織内素生
担当部署 : 法人本部
担当者名 : 副本部長 平田良彦
電話番号 : 0246-89-3288
FAX : 0246-89-3337
E-mail : info@jin-ai-kai.jp
URL : http://jin-ai-kai.jp
平成30年8月 季刊誌「じんあい」初夏号が発行されました。
平成30年3月 季刊誌「じんあい」早春号が発行されました。
2014年度 日本財団福祉車両助成事業について
 今年度も、高砂荘デイサービスセンター、白鳥の里デイサービスセンター、くらしの郷デイサービスセンターの3事業所について、日本財団様の助成事業により老朽車両の入替が叶いました。最新の装備、安全性を備え、ご利用者様に安心の送迎サービスを提供できるようになりました。日本財団様へ心より御礼申し上げます。

助成内容 
(総事業費総額 7,890,000円  助成金総額 6,300,000円)
高砂荘デイサービスセンター
 日産キャラバン(車いす2名)
 事業費総額 2,630,000円  助成金額 2,100,000円
白鳥の里デイサービスセンター
 日産キャラバン(車いす2名)
 事業費総額 2,630,000円  助成金額 2,100,000円
くらしの郷デイサービスセンター
 日産キャラバン(車いす2名)
 事業費総額 2,630,000円  助成金額 2,100,000円
平成25年3月 「季刊誌じんあいのあゆみ」が発行されました。
創刊当時(昭和62年)から平成24年発行のものまでを一冊に編集した「季刊誌じんあいのあゆみ」を発行致しました。
特別養護老人ホーム高砂荘特殊浴槽更新事業の完了について
 平成23年度公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団様並びに社団法人福島馬主協会様助成により、特別養護老人ホーム高砂荘の特殊浴槽が更新されました。
 更新以前の特浴機は、特別養護老人ホーム高砂荘、高砂荘ショートステイ、高砂荘デイサービスセンターの3事業所で、14年以上共用で使われており、ここ数年は老朽化による故障なども頻発しており、最新機種への更新を実施いたしたく、今年度の公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団様並びに社団法人福島馬主協会様による助成事業に応募させていただいておりましたが、社団法人福島馬主協会様の推薦を得られ、念願の特浴機の更新が叶いました。最新の機能・安全性を兼ね備えた機器が導入され、利用者様はもちろん、職員も安心して入浴サービスが提供でき大変喜んでおります。
 助成事業の内定の際、事務手続きの説明会が開催され、その中で協会事務局様より福島競馬場の震災の被害による休止など、競馬業界も厳しい状況下であるが、今後も出来る限り助成事業を継続していきたいといったお言葉を頂戴し、とても貴重な助成をいただけるのだということを再認識いたしました。
 公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団様並びに社団法人福島馬主協会様、この度も誠にありがとうございました。法人職員一同心から御礼申し上げます。
納入機器
機器納入日
支払完了日
事業費総額
助成金額 
:酒井医療(株)製  特殊浴槽ライラック1台・入浴用車椅子2台
:平成24年 1月26日
:平成24年 3月 2日
:5,355,000円
:2,730,000円
新しい特浴機、大切に使わせていただいております。
日本財団様から車両助成をいただきました。
 平成23年12月20日、8月より中央台でオープンした、くらしの郷ミドル&ショートステイと、くらしの郷デイサービスセンターの両事業所に、日本財団様の助成により、福祉車両が整備されました。

 今回の助成について、被災地域の特例を適用いただき、車両本体費用については全額助成金対象として下さったおかげで、開設間もない両施設にとっては、経費負担のない車両導入がかないました。また、納期についても、通年より早めに車両が納入されるようご配慮いただき、差し迫っていた車両不足が早い段階で解消されました。
今後も、車両を大事に活用させていただき、ご利用者様のニーズに応えていけるよう努力いたします。
 日本財団様、誠にありがとうございます。法人職員一同、心より御礼申し上げます。
くらしの郷ミドル&ショートステイ
 トヨタハイエース:事業費総額 2,612,000円  助成金額 2,612,000円
日本財団様より助成車両1 日本財団様より助成車両2 日本財団様より助成車両3
くらしの郷デイサービスセンター
 トヨタハイエース:事業費総額 2,612,000円  助成金額 2,612,000円
日本財団様より助成車両5 日本財団様より助成車両6
日本財団様より助成車両4
くらしの郷デイサービスセンター新体制のご紹介
8月1日のオープンから3ヶ月が経過いたしました。
この間、地域の皆様はじめ各方面の方々から暖かいご支援を賜りましたこと
厚く御礼申し上げます。
本日から新しい体制の下、「ご利用いただく皆様にとって何が最善か」を考えた
サービス提供に努めてまいります。
引き続きご愛顧賜りますようお願いいたします。
愛知県名古屋市健康ヨガ教室 斉藤様 会員一同様より、たくさんのタオルをいただきました
 過日、愛知県の健康ヨガ教室でヨガの指導をされている斉藤様より、施設に何か役立つものを贈りたいとの御連絡を頂戴いたしました。突然のありがたいお話で、施設からお礼状を贈らせていただきたいので、ご連絡先をとお話いたしましたが、「気持ちですから」と多くは語られず、先日、業務用の大きなダンボールに、ぎっしりと新品のキャラクターの入った愛らしいタオルが送られてまいりました。中には斉藤様直筆の暖かいメッセージが添えられており、震災の被害が大きかった東北を大変気にかけて下さっていること、またそこで頑張っている私たちを気遣い励まして下さるお気持ちが、強く伝わってきました。
 お便りいただきましたとおり、みんな笑顔を忘れず前向きに日々すごして行きます。今後もまた、暖かな気持ちで東北の復興を見守っていただければ幸いです。福島から遠く数百キロの地から、心のこもったエール、誠にありがとうございました。
※贈っていただきましたタオルのほんの一部です。
平成23年11月4日 条件付一般競争入札の公告
・条件付一般競争入札の公告(高砂荘)【PDF】
・条件付一般競争入札の公告(木もれ陽)【PDF】
▲上記リンクは、PDFファイルとなっております。
(財)JKA様の補助事業により福祉車両が整備されました
去る9月15日「平成23年度 財団法人JKA 競輪公益資金による補助事業」により、白鳥の里デイサービスセンターに車いす対応リフト付送迎車両が整備されました。(財)JKA様、法人職員一同心から感謝いたします。

配備車両:トヨタハイエース   
総事業費:3,233,930円   補助金額:1,725,000円

日本財団様より助成車両1 日本財団様より助成車両1
同施設では、平成13年4月の開設当時より利用者の送迎に使用している車両について、老朽化対策として車両の買換えを計画しており、昨年度12月、同財団への車両整備補助にかかる申請を実施し採否結果を待ちましたが、東日本大震災の恐怖がまだ抜けきらない3月25日、補助対象の事業であるとの通知をいただき、職員一同とても言い表せぬ「感動」があったと当時を振り返ります。また、車両納入後は利用者様にも、とても喜んでいただけているようです。
なお、(財)JKAでは、過去来、日本赤十字社を通じ災害援護活動を行っており、東日本大震災においても、3億円の災害支援資金を日本赤十字社に提供しております。
今回助成いただいた財団法人JKA様関連のホームページです。ぜひご覧下さい。
「くらしの郷」に扇風機100台ご寄贈頂きました!!
 7月27日(水)株式会社アベルコ様、クリナップ株式会社様より100台もの扇風機をご寄贈頂きました。
 当日は、東京より岡本孝一様(株式会社アベルコ 専務取締役 営業統括本部長)と永松順様(クリナップ株式会社 営業本部東京支社 東京営業担当部長)が「くらしの郷」を訪問され、当法人理事長 織内素生に目録を手渡たされました。ありがとうございました。大切に使わせて頂きます。
写真左から、永松順様(クリナップ株式会社)、岡本孝一様(株式会社アベルコ)、織内素生(当法人理事長)、織内かほる(当法人本部長)、長谷川のぞみ(くらしの郷施設長)
じんあい社会福祉法人仁愛会 お問い合せ先
Welcome to Adobe GoLive 4